水交ビルについて

昭和38年竣工。ずっと十三を見つめてきました。

竣工当時のパンフレット

水交ビルができたのは昭和38年(1963年)のこと。以来約50年、淀川と十三の下町エリアを臨みつつ、ずっと地域を見守り続けてきました。

現在では珍しい、らせん構造の階段を中心にした間取りや重厚な鉄扉をそのままに、12室からなるオフィスビルとして永く地域の皆さまやご利用の企業・団体さまに親しまれてきました。

梅田からも近い交通の要所である阪急十三駅から徒歩約3分とほど近く、郵便局・各種大手銀行にもアクセス至便な立地です。

建物概要

所在地 〒530-0223 大阪市淀川区十三東一丁目17番13号
敷地面積 246平方メートル(約76坪)
建築面積 198平方メートル(約61坪)
延床面積 1,195平方メートル(約368坪)
構造 鉄筋コンクリート造・地下1階・地上5階(テナント利用は地下1階から地上4階まで)
室数 12室(管理人室除く)

設備概要

冷暖房 完備
水道・ガス 各階共同給湯室あり
エレベーター 無し
駐車場 有り(3台)
インターネット 光回線工事済(入居の際は別途工事が必要)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ